ビジネスローン・事業者ローンをランキング比較 | 口コミも掲載

人気のビジネスローン会社 TOP4

ビジネスローンを検討するにあたり、口コミ評価の高い会社のみを厳選してランキング比較しました。

順位 サービス名 簡単な説明 実質年率 限度額 審査時間 要チェック情報
1位 ビジネクスト 資金使途自由なローン HPで確認 HPで確認 最短即日 詳細と口コミ
2位 ORIX CLUB CARD 資金繰りが不安な方に 6.0%~17.8% 500万円 最短60分 詳細と口コミ
3位 三菱東京UFJ銀行 低金利であり、高額融資 1.8%~14.6% 500万円 最短30分 詳細と口コミ
4位 三鷹産業 当座なしでも融資可能 15.0%~18.0% 1000万円 最短即日 詳細と口コミ

事業計画書の重要性

ビジネスローンを申し込む際に、申し込み先の金融機関からは本人の身分証明書や
会社の登記簿、決算書や確定申告書などの書類を求められます。

インターネットや新聞でビジネスキャッシングの広告を見ると、
実は主必要書類の中には事業計画書は入っていません

まだ開業前で新規開業資金での申し込みの場合には、事業計画書は必要書類に入っていますが、
運転資金での申し込みの場合には必要書類とはなっていないのです。

融資金の使い道は宣伝広告費や設備投資費、人件費などと大まかなことは聞かれますが、融資してもらった資金を具体的にどのように利用してどれだけ利益に直結していくのかなど細かなことは、あまり聞かれないのが一般的です。

もちろん、金融機関によって様々なので、細かく聞いてくるところもあれば全く聞かないところ、
融資金の使った領収書の後日提出を求めてくるところなど色々あることはあります。

ここで言いたいことは、主事業計画書とは、自ら提出して少しでも審査に通りやすくする手段だということです。

求められなくてもアピールのために提出すれば、少しでも審査が通りやすくなるかもしれません。

実際求めはしませんが、金融機関でも事業計画書を重要視しています。

開業資金と運転資金

ビジネスローンには、開業資金と運転資金の2種類があります。

申し込む際にはどちらになるのか、申し込み先の金融機関に伝えなえなければいけません。

開業資金とは、これから会社を経営しようと考えている人、個人で何か商売を始めようと
考えている人が事業を始めるのに必要になるお金のことを指します。

開業資金には店舗取得費や初期仕入れ費用、当面の運転資金などがあります。

開業資金の全額をビジネスローンで賄うことは不可能で、
自己資金を用意してそれでも足りない分を金融機関に頼るというのが一般的な考え方です。

そのため、開業資金に占める自己資金の割合が半分ほどはないと、
ビジネスローンでの審査が通りにくい
と思います。

運転資金とは、すでに事業を営んでいる場合で、仕入れ費用や宣伝費、
従業員の給料支払いなどの経営をしていく上で必要となる資金のことを指します。

運転資金の場合には、ただ単に経営が苦しいという理由では審査が通りません。

設備投資などのように前向きな理由や、一時的に資金繰りが悪化したなどの理由が必要です。

運転資金の場合には決算書の提出は必須ですので、確定申告をしていない場合には審査が通りません。

色々な体験談

事業を始める時にビジネスローンが便利です

今まで勤めていた会社を辞め、昔から夢だったお店を開くことにしましたが、
資金が少し足りなくなってしまったために、ビジネスローンを行うことにしました。

事業を始め得る前のビジネスローンとして最初はお金を借りるには不安がありましたが、ビジネスローンのメリットとして担保がなくても利用することができ、第三者の保証人も必要なく初めてでも安心してお金を借りることができました。

事業資金としてビジネスローンを活用したことによって、周囲の人にお金を借りることもなく後々のトラブルを避けることができたのと、お金が必要な日にちに間に合う様に用意をしてもらえました。

事業を行う前にビジネスローンを活用したことによって、
予定通りにお店を開くことができて念願の夢を叶えることができました。

返済の時には365日24時間のいつでも返済が自在にできる所がとても良かったのと、ビジネスローンを利用したことによって即日に融資を受けることができて融資までのスピードが速く驚きました。

信頼してお金を借りることができるビジネスローンは、事業を始める前の資金集めを行うことがなく周囲にお金の迷惑をかけることもなく、お金が足りなくなった時には便利に利用することができたメリットがありました。

事業の経営安定化のためビジネスローンを契約して活用しました

親から受け継いだ中規模の精密機械メーカーを経営していますが、このご時世の中で大企業と競合して生き残っていくのは大変難しく、様々な面で企業体の弱さを痛感することが続いています。

大きな違いはやはり資金力。これさえあれば後のスキルや品質などは誰にも負けないと思っているのですが、最近になって新たな機材の導入などが求められ、またも厳しい経営状態に直面しました。

そんな時に活用したのが消費者金融のビジネスローンです。他社ですでにお金を借りている分はあったものの、ビジネスローンは総量規制の対象外なので問題なく活用できるとのこと。

店舗窓口で担当者の話を聞きながら溝を埋めていき、最終的には申請することを決意。

様々なアドバイスをもらいながら申し込み資料を作成し、数百万という事業に直結するお金を融資してもらう上で
、経営状態を示す書類や導入予定の機材に関する見積もりなどを提出しました。

それから2週間ほどの審査期間を経たのち、晴れて融資可能というお返ことをいただき、なんとかぶち当たっていた危機を回避することができました。現在はそこで借り入れした金額を毎月の利益の中から返済に充てています。

利息も思っていたほど高くなく、今のところ順調に返せています。

事業とビジネスローンについて

飲食店で働いていて、経験も積んだので夢だった自分の店をオープンさせることに決めました。

事業を始めるときの資金は貯蓄から何とかなりましたが、
その後しばらくは経営が波に乗らず毎月赤字が続いてしまっていました。

もうお店をたたむべきかとも思うほどでしたが、まだ諦めたくないと思い銀行に融資をお願いしようとしましたが、手続きの都合ですぐには借りることができないと言われ、ビジネスローンを利用することに決めました。

ビジネスローンと言っても数多くあり、どこにすれば良いのか悩みましたが、
インターネットで検索して金利や信頼できるのかを比較して、一つに絞り込みました。

無担保で借りることができるだけではなく、保証人も不要なので周りに知られたり迷惑や心配をかけることもなかったので良かったです。今では、お店も何とか軌道に乗ってきていて毎月の赤字となることは無くなりました。

ビジネスローンで融資を受けるという選択をしなかったら、今頃はお店をたたんでいたのかなと思います。

昔からの夢を諦めずに済んだのは、ビジネスローンがあったおかげだなと思って感謝しています。
借りるようなこと態にはならない方が良いですが、また何かあった時にはお世話になるかなと思います。

関連サイト

  • 大口融資を比較・・・融資額が高く、口コミ評価の良い大口融資会社をランキング比較しています。