ビジネスローン・事業者ローンをランキング比較 | 口コミも掲載

人気のビジネスローン会社 TOP4

ビジネスローンを検討するにあたり、口コミ評価の高い会社のみを厳選してランキング比較しました。

順位 サービス名 簡単な説明 実質年率 限度額 審査時間 要チェック情報
1位 ビジネクスト 資金使途自由なローン HPで確認 HPで確認 最短即日 詳細と口コミ
2位 ORIX CLUB CARD 資金繰りが不安な方に 6.0%~17.8% 500万円 最短60分 詳細と口コミ
3位 三菱東京UFJ銀行 低金利であり、高額融資 1.8%~14.6% 500万円 最短30分 詳細と口コミ
4位 三鷹産業 当座なしでも融資可能 15.0%~18.0% 1000万円 最短即日 詳細と口コミ

事業計画書の重要性

ビジネスローンを申し込む際に、申し込み先の金融機関からは本人の身分証明書や
会社の登記簿、決算書や確定申告書などの書類を求められます。

インターネットや新聞でビジネスキャッシングの広告を見ると、
実は主必要書類の中には事業計画書は入っていません

まだ開業前で新規開業資金での申し込みの場合には、事業計画書は必要書類に入っていますが、
運転資金での申し込みの場合には必要書類とはなっていないのです。

融資金の使い道は宣伝広告費や設備投資費、人件費などと大まかなことは聞かれますが、融資してもらった資金を具体的にどのように利用してどれだけ利益に直結していくのかなど細かなことは、あまり聞かれないのが一般的です。

もちろん、金融機関によって様々なので、細かく聞いてくるところもあれば全く聞かないところ、
融資金の使った領収書の後日提出を求めてくるところなど色々あることはあります。

ここで言いたいことは、主事業計画書とは、自ら提出して少しでも審査に通りやすくする手段だということです。

求められなくてもアピールのために提出すれば、少しでも審査が通りやすくなるかもしれません。

実際求めはしませんが、金融機関でも事業計画書を重要視しています。

開業資金と運転資金

ビジネスローンには、開業資金と運転資金の2種類があります。

申し込む際にはどちらになるのか、申し込み先の金融機関に伝えなえなければいけません。

開業資金とは、これから会社を経営しようと考えている人、個人で何か商売を始めようと
考えている人が事業を始めるのに必要になるお金のことを指します。

開業資金には店舗取得費や初期仕入れ費用、当面の運転資金などがあります。

開業資金の全額をビジネスローンで賄うことは不可能で、
自己資金を用意してそれでも足りない分を金融機関に頼るというのが一般的な考え方です。

そのため、開業資金に占める自己資金の割合が半分ほどはないと、
ビジネスローンでの審査が通りにくい
と思います。

運転資金とは、すでに事業を営んでいる場合で、仕入れ費用や宣伝費、
従業員の給料支払いなどの経営をしていく上で必要となる資金のことを指します。

運転資金の場合には、ただ単に経営が苦しいという理由では審査が通りません。

設備投資などのように前向きな理由や、一時的に資金繰りが悪化したなどの理由が必要です。

運転資金の場合には決算書の提出は必須ですので、確定申告をしていない場合には審査が通りません。