このページの目次を開く

事業者ローンは『ありがたい助け舟』

経営をする中で、資金繰りが厳しくなることはよくあります。

そんな時、事業者ローンは個人事業者や零細企業にとって、ありがたい助け舟と言えます。
銀行の融資に比べて金利は高くなりますが、無担保で借入れ可能であるケースが多いです。

SOHOや商店主といった個人事業の人から株式会社の社長まで多くの人に利用されています。

しかし、ビジネスローンの審査は決して緩いわけではありませんので、しっかりとした事業計画が必要だと言えるでしょう。

人気のビジネスローン TOP4

  • ビジネクスト

    ビジネクスト

    ビジネクストはアイフルグループのなかでも、個人事業主や中小企業を対象にしたスモールビジネス向けのローンを提供している会社です。事業者金融業者では老舗と呼ばれる部類に属していますので、信頼度が高く融資先が他社に比べ圧倒的に多いことで知られています。カードローンをはじめ取り扱っている金融商品の数も多く、インターネットから申し込みが可能なので、面倒な手続きは必要ありません。毎月の返済は近くにあるコンビニのATMから行えますので、利便性の高さでは他社の追随を許さない側面を持つ貸金業者でもあります。

  • オリックスVIPローンカード BUSINESS

    オリックスVIPローンカード BUSINESS

    安心のオリックスグループのビジネスローンです。インターネットから申込みをすれば、来店不要で即日融資も可能です。また、業界トップクラスの低金利で無理なく返済できるプランも用意されています。その他にも、お金に関して相談できたり、オリックスグループのホテルやレンタカーを優待価格で利用できるサービスも付いてきます。また、ご利用可能枠の範囲内であれば、自由に借り入れおよび返済が可能ですので急にお金が必要になった時に便利です。年会費や入会金は必要ありませんので、1枚持っていればビジネスを円滑に進めるのに役立つでしょう。

  • 三菱東京UFJ銀行

    三菱東京UFJ銀行

    三菱東京UFJ銀行のカードローンは総量規制対象外であり、事業資金としても借入できます。年率も非常に低いので、高額融資となる事業資金の調達で重宝するローンとなっています。金利設定もわかりやすく、事前に詳細利率が分かるのもメリットです。提携コンビニの手数料は無料であり、追加融資・返済の利便性も高いです。また、返済日付近になるとメールでお知らせしてくれるので、うっかり忘れを回避することができます。

  • 三鷹産業

    三鷹産業

    三鷹産業株式会社は、特に関西での知名度が高い融資会社です。当座を持っていなくても融資可能というのが特徴で、審査・融資の早さに定評があります。また、契約締結に関する手数料や諸費用が一切不要というところも良心的です。また、ビジネスローンの他に売掛金債権担保ローンが用意されており、売掛債権を担保としてビジネス資金を融資してもらえます。取引先に連絡される心配は一切なく、安心して運転資金調達の手段として利用できます。急な運転資金が必要な時などに、迅速に融資してもらえるので便利です。

お役立ち情報

事業計画書の重要性

ビジネスローンを申し込む際に、申し込み先の金融機関からは本人の身分証明書や
会社の登記簿、決算書や確定申告書などの書類を求められます。

インターネットや新聞でビジネスローンの広告を見ると、実は必要書類の中には事業計画書は入っていません。

まだ開業前で新規開業資金での申し込みの場合には、事業計画書は必要書類に入っていますが、
運転資金での申し込みの場合には必要書類となっていないのです。

融資金の使い道は宣伝広告費や設備投資費、人件費などと大まかなことは聞かれますが、融資してもらった資金を
具体的にどのように利用して、どれだけ利益に直結していくかなど細かなことはあまり聞かれないのが一般的です。

もちろん金融機関によって様々なので、細かく聞いてくるところもあれば全く聞かないところ、
融資金の使った領収書の後日提出を求めてくるところなど色々あるかもしれません。

ここで言いたいことは、事業計画書とは自ら提出して少しでも審査に通りやすくする手段だということです。

求められなくてもアピールのために提出すれば、少しでも審査が通りやすくなるかもしれません。
実際求めはしませんが、金融機関でも事業計画書を重要視しています。

開業資金と運転資金

ビジネスローンには、開業資金と運転資金の2種類があります。

申し込む際にはどちらになるのか、申し込み先の金融機関に伝えなえなければいけません。

開業資金とは、これから会社を経営しようと考えている人、
個人で何か商売を始めようと考えている人が必要になるお金のことを指します。

開業資金には、店舗取得費や初期仕入れ費用、当面の運転資金などがありますが、全額をビジネスローンで借りるのは不可能で、
自己資金を用意してそれでも足りない分を金融機関に頼るというのが一般的な考え方です。

そのため、開業資金に占める自己資金の割合が半分ほどはないと、ビジネスローンの審査は通りにくいと思います。

運転資金とは、すでに事業を営んでいる場合に仕入れ費用や宣伝費、
従業員の給料支払いなどの経営をしていく上で必要となる資金のことを指します。

運転資金の場合は、ただ単に経営が苦しいという理由では審査が通りません。

設備投資など前向きな理由や一時的に資金繰りが悪化したなどの理由が必要です。
運転資金の場合は決算書の提出は必須ですので、確定申告をしていない場合には審査が通りません。

ビジネスローンとサラリーローンの違い

ビジネスローンと一般の消費者向けに行なわれているサラリーローンは、
融資を受けることお金を借りることは同じですが、その目的や性質は全く違います。

サラリーローンが給料所得者を対象にしているのに対して、ビジネスローンでは会社経営者や個人事業者を対象にしています。

また、会社経営者や個人事業者は広い意味で給料所得者に含まれるので、サラリーローンも利用できます。
そのため、サラリーローンのほうは対象が広いといえます。

サラリーローンは急な出費などで必要になったお金を貸し出し、それを毎月の給料で分割して支払うというものなので、
買い物などで利用されるカードの分割払いと同じような意味になります。

一方のビジネスローンは、融資されたお金を運用して利益を出し、
その利益で借金の元金と利息を支払っていく
という、どちらかといえば投資的な考え方をしています。

ビジネスローンでお金を貸し出すほうは、自分で儲けるよりも人にお金を貸して儲けてもらい、その分金利を受け取るというのです。

金利は一般的にサラリーローンのほうが高いですが、最近では両者の間に差がなくなってきています。

ビジネスローンの審査にかかる日数

ビジネスローンの審査時間は銀行の担保融資よりも短く、消費者を対象としたキャッシングよりも長くなります。

実際には、ビジネスローンを扱う金融機関によって様々で、
翌日融資可能なところもあれば、10日や2週間かかるところもあります。

また、申込者の条件などによっても審査時間が変わってきますし、融資不可の場合には連絡が早くなるのが普通です。

ただ、その金融機関に初めてビジネスローンを申し込む場合には、
どんなに申込者の条件が良くても即日は行なっていないと思います。

即日融資が一般的な消費者金融とはそこが大きく違っています。

しかし、消費者金融業者が行なっているビジネスローンの中には、即日融資を行なっているところもあります。

消費者金融系といっても審査や金利、督促方法などが他の金融機関と違うわけではないので安心してください。
ビジネスローンの審査時間における平均は、2~3日といったところです。

申し込む際には、審査にかかる時間も確認したほうが良いでしょう。

ビジネスローンの金利

ビジネスローンの金利は、年率5%~18%というのが一般的です。

低いところでは年率3%というところもありますし、高いところで年率29.2%というところもあり、
金利の差は金融機関によって大きく出てきます。

なお、金融機関の広告には金利が「5%~18%」というような書かれ方をしています。

これは申込者の信用力によって変わるというより、融資の金額によって決まることが多いです。

1億や何千万円という融資額では金利も年率5%などのように低く設定されますし、
50万円や100万円といった比較的少額な融資額になれば、金利も年率18%などのように高めに設定されます。

もちろん、審査基準は各金融機関によって様々なので、これが100%当てはまるわけではありませんが、
高額融資なら金利が低くても儲けは高い、少額融資なら金利を高くしないと儲けがないので、そうした設定になります。

また、金融機関によっては保証人をつけると金利が下がる場合もあります。

それに、金利が低くても保証料や手数料という名目でお金を請求してくることもあります。

ビジネスローンの必要書類

ビジネスローンの必要書類は、免許証などの一般的な身分証明書の他、決算書や事業計画書です。

ビジネスローンの使い道は基本的には自由ですが、その使い道については金融機関に予め示さなくてはいけません。
そのため、しっかりとした事業計画を立てていることがビジネスローンの審査に通るかどうかの決め手になってきます。

これからどのうように事業を展開して利益を出すのかを具体的に明示し、
その計画にそって実行していくためにこれだけの資金が必要だということを示します。

さらに、計画における結果を予想する場合には、できるだけ客観的事実を添えたほうが良いでしょう。

特にこれから開業する場合やまだ開業して間もない場合、思うように利益が出ていない場合、
その金融機関と初めて取引する場合ではこれがとても重要になってきます。

また、すでに事業を始めて1年以上になる場合には、決算書や確定申告の提出を必ず求められます。

個人業などで確定申告をしていない人も中にはいるかもしれませんが、
そうした人はビジネスローンを利用することができません。

カード型のビジネスローンとは

カード型のビジネスローンは振込みや手渡しによる融資ではなく、キャッシングカードを利用するタイプです。

特徴としては、全国の提携ATMで限度額内なら自由に引き出しができることです。
そのため、融資の度に来店したり電話する必要がないので、1枚持っていれば急な入用にも対応できます。

また、入金もいつでもできるので予想以上に利益が出た月などは多めに入金して借金を減らすことも可能です。

さらに、個人事業者やまだ開業間もない人に対して比較的審査が緩くなっています。
審査も即日回答というのが多いので、カード型のビジネスローンは簡易的なものといえるでしょう。

ただ、若干金利が高くなる傾向があります。それに利便性に優れるあまり、借金が膨らみやすくなるようです。

一長一短はありますが、賢く利用することが大切でしょう。

開業資金にビジネスローンを活用する

これから開業しようとしている人は、理想でいえば全額自己資金で行なうのが1番です。

しかし、実店舗を借りたり初期仕入れが必要な場合など、全額を自己資金でまかなうことは難しいことが多いです。
開業を予定している人は自己資金、親族からの援助、金融機関からの3つで開業資金を作るのが一般的です。

このうち、金融機関からの借金にビジネスローンを利用することができます。

新規開業の場合には、国民金融公庫の新規開業融資などの公的な融資を利用するのが普通です。
しかし、公的な融資では審査に時間がかかったり、必要な資金全額を借りることができないこともよくあります。

融資が受けられるかどうかわからない状態が長いと、開業の準備ができない不利が生じる場合もあると思います。

また、ようやく審査結果が出ても希望額から減額されるようでは、他の借入先を探さなければいけません。
そこで、ビジネスローンを上手く活用することが重要になってきます。

公的な融資で足りない分をビジネスローンで補填するということもできますし、
審査結果の早いビジネスローンを利用して、段取りよく開業の準備を進めることもできます。

ただ、ビジネスローンは公的な融資と比べると金利が高いので、計画性をしっかり持って利用しましょう。

金利優遇を行っている場合もある

多くの金融機関で取り扱っているビジネスローンですが、
金利や審査日数、対象者、融資額の下限と上限などは金融機関によって様々です。

中には、ある条件を満たすことで金利優遇を行なっているところがあります。

最も多い金利優遇の条件は、その金融機関の利用歴によるものです。
その金融機関やグループ会社のローンなどで実績があると、ビジネスローンの金利が優遇されることがあります。

金融機関からすれば、全くの新規顧客というわけではなく、
これまでの返済実績などを見て融資することができますので、リスクも抑えられるというわけです。

他にも、決算書が会計参与制度や書面添付制度によって作成されている場合に、
ビジネスローンの金利優遇をおこなっている金融機関があります。

わかりやすくいえば、税理士資格を持った人が決算書を作成することで、その決算書の信頼性が保証されている場合ということです。

ただし、この場合にはもちろん決算書の内容でその会社が安定していて、
倒産リスクが低いことを表していなければいけません。

ビジネスローンと不動産担保ローンの違い

事業の運転資金や開業資金に用いられるということでは、不動産担保ローンはビジネスローンと同じです。

両者の決定的な違いは、不動産担保ローンが使い道が自由で使途について詳しく説明する必要がないのに対して、
ビジネスローンではその使用目的が事業資金になるということです。

最近では、ビジネスローンの場合も使い道自由というものもありますが、基本的には事業資金として利用します。

また、ビジネスローンでは申し込み額が高額になると、不動産担保を要求されることが多くありますので、
ビジネスローンであり不動産担保ローンでもある場合はたくさんあります。

不動産担保ローンの場合は不動産の価値を調査するのに時間がかかるので、審査時間が通常より長いです。

また、調査料や事務手数料を請求されることもありますので注意が必要です。
さらに、債務が不履行になった場合に不動産を処分されてしまうというリスクがあります。

事業所の土地を担保としていた場合には困りますよね。

しかし、不動産担保ローンの場合には、金利がとても低くなるという魅力的な利点があります。
無担保で行くのか不動産担保で行くのかはよく考えてから決断したいところです。

様々な有担保ローン

ビジネスローンには、無担保で利用できるものと有担保で利用できるものの2つがあります。

一般的には申込額が大きくなれば、無担保でのビジネスローンは不可能になり、何らかの担保を要求されます。
ビジネスローンで用いられる担保では不動産が最も多く、他にも売掛債権や診療報酬などがあります。

不動産を担保とした場合には、最も高額な融資を受けられ、
その返済期間も最長30年などというように長期での返済が可能な場合がほとんどになります。

固定金利になり、計画的に運用できる資金としては1番安定感があると思います。

売掛債権を担保とする場合は、返済期間が数ヶ月とされることが一般的です。
それほど高額な融資は受けられませんし、一時しのぎの意味合いの強い有担保ローンになります。

また、診療報酬を担保にできるのは、保険医療機関の経営者などになります。

返済期間も5年程度と比較的長く設定できますので、対象者には重宝される有担保ローンです。

有担保ローンにすると、無担保ローンよりも有利な条件で融資を受けられますが、
債務不履行時に担保を没収されるというリスクがありますので、より計画が重要になると思います。

ビジネスローンの審査に通る決算書

ビジネスローンを申し込んだ時に、新規開業時以外で必ずのように求められるのが決算書です。

ビジネスローンでは、概ね1期~3期の分の決算書が必要書類になることが普通です。
審査基準は各金融機関によって違いますが、売上規模や売上推移、自己資本比率を見ることは確実です。

売上規模が小さい場合には、それだけ経営環境の悪化から受けるダメージが大きくなると予想され、倒産リスクが高いと思われます。

倒産リスクが高ければ、融資を受けにくいのはいうまでもありません。
売上規模や自己資本比率は大きいに越したことはありません。

次に売上推移ですが、万年赤字経営ならビジネスローンの審査が通るわけはありませんよね。

毎年のように売上が落ちている場合でも同じです。

ただし、売上推移は今後の事業の建て直しによって改善できることなので、
しっかりとした事業計画書などでアピールできれば、カバーできないこともありません。

金融機関が納得できるような事業計画を立てることが大切だと思います。

会社の経営状態も判断される

ビジネスローンの審査は決算書、事業計画書、本人または
本人が経営する会社の経済状況、担保や保証人の有無などを見て行なわれます。

審査基準は各金融機関によって違いますので、一概にはこうだとは言えませんが、
上記に挙げた内容を確認して判断するのはどこも同じと言えます。

決算書は本人が経営する会社の事業成績を把握することができる重要な書類で黒字経営、含み損や欠損金の有無、
売上規模、売上推移、自己資本比率などから、その会社の倒産リスクを算出するのに必要な書類になります。

要は、その会社の経営がしっかりしているかどうかということです。

事業計画書は、融資したお金がどのように使われるかを判断します。
単に資金繰りが苦しいからという理由では金融機関はどこも融資してくれません。

融資したお金で利益を出すことが前提条件となるのです。

本人が経営する会社の経済状況は決算書でわかりますが、本人の経済状況は決算書ではわかりません。
金融機関では、本人の借入れ・返済情報を調査して審査を行なっています。

本人の借金返済が滞っていれば、融資は100%無理です。

本人の借金は会社の借金と合算されて考えられるのが普通です。

申し込み前に借金を減らす

基本的には、ビジネスローンの使い道は事業資金に限られます。

法人名義でビジネスローンを申し込む場合には、お金を借りるのも返すのも本人が経営する会社であり、
保証人にならない限りは本人ではありません。

本人と会社の経済状況は一般的に同じような感じになりますが、一概にそうとも言えません。

会社の業績が極めて良好だとしても、本人の経済状況も良好だとは言えません。

しかし、会社の代表者と会社は基本的には一心同体と考えることもできますので、
ビジネスローンを申し込む際には、できるだけ本人の借金を減らしておくのが良いでしょう。

もちろん、会社の借金が少なければ少ないだけ審査に通る可能性が高くなりますが、
本人の借金も同じように考えても良いと思います。

本人や会社の借金返済が滞っていては、絶対に融資は受けられません

返済期日をしっかりと守って、誠実な債務者ということをアピールしましょう。

悪徳業者に気をつけろ

ビジネスローンにおいても、ヤミ金融などの悪徳業者は無数に存在しています。

彼らは巧妙な手口で資金繰りで困っている経営者を騙しますので気をつけなければいきません。
悪徳業者の手口として、まずは超低金利や契約率100%のような好条件を謳った広告でカモを引き寄せています。

あまりに他と比べて条件が良すぎる場合には、何か裏があると思って手を出さないのが適切です。

実際に悪徳業者に申し込んでしまうと、色々な手口でお金を振り込まされます。
初めての取引で実績がないから、『保証料として融資前に50万円を振り込んでください』などと言われたら要注意です。

たとえ、振り込んだお金を3ヵ月後に返金するなどと言われても、騙されないでください。

「当社では審査が通らなかったが、10万円振り込んでくれれば利用実績がある」と偽って、
グループ会社を紹介するなどというあり得ない話に乗らないようにしましょう。

資金繰りで苦しいのは分かりますが、そんな時でも冷静になって考えることが大切です。

ビジネスローンに保証人は必要?

ビジネスローンは基本的に保証人不要となっていますが、中には保証人を必要とするケースもあります。

これは、融資金額がサラリーローンと比べると高額になるケースが多いからです。
また、融資先の事業が利益を出すのかどうかの予想が難しいことも一因になっているようです。

事業なんてやってみないと分からないというのが、ビジネスローンを扱う金融機関の本音です。

特に、開業資金の場合にはほとんどが保証人が必要となります。
広告では保証人不用となっていても、結構保証人を求められることが多くなります。

また、法人での申し込みの場合には代表者の連帯保証は一般的には必要となっています。

このページの先頭へ